プロフィール
1日1冊ビジネス書を読む とみ(25) が
同世代に教えたいビジネス書

2007年08月02日

朝5時に起きようとしてる?

「明日こそは!!」って思って寝る。

朝5時、目覚ましがジリリと鳴る。

素早くサッと止めて二度寝。

起きて自己嫌悪。

そんな朝何日続いてる?


朝起きたい。

朝起きてしたいことも色々ある。

早起きのメリットも知ってる。

やる気もまんまん。

でも、起きれない。


もったいない!!


朝5時に起きようとするから

起きれないのかもよ

いっそ4時起き!!




『朝4時起きの仕事術』(中島孝志)




俺はこの本読んでから
朝4時半前後に起きれてる

おすすめ!


【早起きのメリット】

いちばん出社を続けるとわかるが、
社内人脈が自然と増えてくるのである。
そして、組織を生きるうえでもっとも大事なもの。
それは社内人脈なのである。


「成功する人」と「成功できない人」との間には、
たった一つの違いしかない。
それは成功する人は、
「いいと思った習慣をすぐに自分のものにできること」だ。
posted by とみ at 05:52| Comment(5) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月18日

これはこれこれ、こういうことで、こうすればいいのですか?



あなたは分からないことがあったら
素早く上司に聞きにいっていますか?

はい(続きを読む)
posted by とみ at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月17日

残業がしたくなる本


すでに残業が大好きな人は、
他の記事を読んでください。


続きを読む
posted by とみ at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

早起きに何の意味がある!?

「早寝早起きをしましょう。」


上司は始業時間ピッタリに来ます。

残業で毎日家に着くのは12時過ぎなので、
朝はぎりぎりに起きて、
睡眠時間を確保しています。

つまり、遅起きは当然のことです。

今の状況で私が早起きをする
メリットは何ですか?


早起きはいいに決まっています。

朝の空気は気持ちがいいし、

子供の頃からそうしろと言われています。


早起きのメリットを理解できた人は、
明日から一緒に早起きをしましょう。

そして、メリットを理解できない人にこそ
読んで欲しい本があります。

早起きの意味は、
忙しさの中では考えられません。

その意味を知るきっかけとなる一冊です。



人と同じルールでは人一倍
がんばらなきゃならないけれど、
ルールを変えれば一人勝ち。

(帯より)


本の説明とレビューが見れます↓
残業はするな、「前業」をせよ!―朝のスタートダッシュで人生が決まる』(久恒啓一)
posted by とみ at 23:59| Comment(3) | TrackBack(1) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月11日

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング』(本田直之)



<なぜ本を読むのか>

汗水たらし、血のにじむような努力をした他の人の
数十年分の試行錯誤の軌跡が、
ほんの数時間で理解できるよう、
本の中には情報が整理されている

本・雑誌の購入金額(1ヶ月平均)1万円以上は3.6%
それだけで5%の中に入れる

本を読めば読むほど、時間が生まれる
本を読まないから、時間が無い


<本の買い方>

自腹を切って購入する
「元を取ってやろう」
「100倍のリターンを得てやろう」
書き込み、折り曲げ自由にできる

良い本は人に贈る

携帯電話から即座に購入


<本の選び方>

「目的を持って本を選ぶ」
目標、課題をもとに必要な本を選ぶ

同じジャンルの本を徹底的に読む

書評や口コミを参考に本を選んでみる
メルマガの書評を利用する

カテゴリートップランク買い


<本の読み方>

経験型の本の成功体験を真似る

制限時間を設ける

80対20の法則
大事なのは20%

一度読んだ本は二度と読まないつもりで

「究極の本(レバレッジメモ)」を作る
(自分にとって大事なことの抜き出しメモ)
読み終わってすぐよりも数日寝かせてから入力する
本のページがどれだけ折ってあるかでお勧め度を判断

本を読む前に、「この本から何を学ぶか」をはっきりさせておく


他人の経験や知識が詰まった本というのは、
とんでもなく安価で、割安なもの



★商品説明・レビュー★
posted by とみ at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える

一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える
(アンソニー・ロビンズ[著])(本田健[訳・解説])



世界を動かしているような人は、
「他人の経験を手本とし、
成功のエッセンスを学び取る技術」を
習得している。

成功者を真似ることは、成功の基本。
尊敬する人の話し方、顔の表情などを
模倣する。


できるようなふりをする。
そして、「自分にはできる」と信じれば、
達成する方向に頭、体が動き出す。

できないと悩んでいる人には、
できるようなふりをするように言う。
わかっているような立ち方、息のしかたを
やってみることを提案する。


----------------------------------------------------------------
▼おすすめ習慣▼
----------------------------------------------------------------

1.「しかし」を「そして」にする


生きることの極意は与えることだ
(本文より)

----------------------------------------------------------------
商品説明・レビューを見る↓(Amazon.co.jp)
一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える
----------------------------------------------------------------
posted by とみ at 21:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People

チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People
(レス・ギブリン)(渋井真帆訳)

人間はもともと自分のことしか考えないものだ
という前提から15の習慣を提案している。

相手を幸せにして心を動かすための心がけを
習慣として薦めている。
そして、実践していくための具体例を紹介している。


----------------------------------------------------------------
▼新入社員の視点▼
----------------------------------------------------------------

まわりの環境作りが大切であると感じている。
相手の欲するところを知るヒントを得られる本。

相手の気持ちが分かれば、楽しく過ごせ、
周りはかならず力になってくれるだろう。


----------------------------------------------------------------
▼おすすめ習慣▼
----------------------------------------------------------------

1.心配しすぎない

  不安なそぶりは、相手に迷い、
  疑いをもたせる
  新しい仕事を任されるときでも、
  不安を見せないようにする
  任せたほうが、まだ早かったかな
  と心配してしまい、信頼されない
  できるつもりで取り組む


人生の価値は、
何を知っているかではなく、
何をしたかで、決まります。

(本文より)

----------------------------------------------------------------
出版社/著者からの内容紹介を見る↓(Amazon.co.jp)
チャンスがやってくる15の習慣―Skill With People
----------------------------------------------------------------
posted by とみ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月08日

「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー

「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー』(土井英司)

成功するために必要なのは継続であることを、
1万冊のビジネス書を読んだ筆者の経験から
伝えている。

そして、その継続に至るまでの

1.知る
  ↓
2.考える
  ↓
3.実践する
  ↓
4.継続する

以上4ステップを実現するための、
方法とやる気を得ることができる本。


----------------------------------------------------------------
▼新入社員の視点▼
----------------------------------------------------------------

本、セミナーに思い切ってお金を使う。
そして、セミナー、ブログで仲間を見つけて、
エネルギーをもらう、伝える。

知り、考えたことをまずは実践してみる。
そして、10回続けてみる。

1.セミナーに1回出てみる
2.ブログに10冊のビジネス書を紹介する


----------------------------------------------------------------
▼おすすめ習慣▼
----------------------------------------------------------------

1.ビジネスであれば相手が年下でも
  敬語を使う
2.1人1人の長所をキャッチフレーズ的に
  考えておく
  例:「JAVAプログラミングの鬼、
     山田さんです。」


継続するためのいちばんの方法は、
それを習慣にしてしまうことです。

(本文より)

----------------------------------------------------------------
著者からのコメントを見る↓(Amazon.co.jp)
「伝説の社員」になれ! 成功する5%になる秘密とセオリー
----------------------------------------------------------------
posted by とみ at 11:07| Comment(14) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月03日

他社から引き抜かれる社員になれ

他社から引き抜かれる社員になれ』(古川裕倫)


少し時間がかかってしまっても、
間違いやミスの少ない仕事をしよう。

それができるようになってから、
どんどんスピードを上げていこう。

精度の低い仕事は信頼を失います。
上司や周りの人は意外と進歩や効率を見ています。
posted by とみ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月01日

できる人の勉強法

今日は『できる人の勉強法(安河内哲也)』のなるほど2点

1.try everything once

  とりあえずやってみる
  最初の一歩で目標の5割は達成している

2.スパイラル方式

  最初は浅く、反復しながら深く
  1つの参考書をボロボロになるまで使おう
  問題集は書き込んでしまえ

この本はほんとにおすすめ
勉強の仕方、効率が劇的に変わる

posted by とみ at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。